2017年09月25日

第12回賢鐘杯/K杯応援

国政では衆議院解散が発表され、10月中に総選挙が
行なわれる様です。

そこで、こんなルールを考えてみました。

「小選挙区比例代表並立制」

1回戦:スコアアタック
お馴染みになったソロプレイのスコアアタック。
スコア順でソートします。

2回戦:小選挙区比例代表制
・1回戦のソート順に

A    B    C    D
1位 → 2位 → 3位 → 4位
                ↓
8位 ← 7位 ← 6位 ← 5位

9位 → 10位 → 11位 → 12位
                ↓
16位 ← 15位 ← 14位 ← 13位

・・・・

という様にパーティを分けます。
また、各パーティの名簿順はこの順になります。
・参加人数が4の倍数に満たない(端数が出る)ケースでは
 1人多いパーティの名簿1位(1回戦総合順位で1〜3位
 人数による)は、不戦勝となります。
・各パーティの名簿順位順に4人が試合対戦をして、
 1位の人が次の回戦に進出(当選)となります。
 また、各自の得点の100倍(小数点を除いたもの)
 がそのパーティの得票となり、試合毎に累積します。
・すべての試合が終わった時点で、得票数により
 パーティの次回戦進出(当選数)を算出します。
 算出方法は、投票を1から順に整除して、その票数
 で順位を出してパーティの当選数(議席数)を出します。
 ※いわゆるドント式というやつです。
・各パーティでの当選順位は、惜敗率によって決まります。
 
3回戦〜 原則2人抜けトーナメント戦
決勝戦は1回勝負。

例)
24人参加の場合
 各試合1位(小選挙区) 6名
 比例代表      10名
32人参加の場合
 小選挙区  8名
 比例代表  8名

posted by HFフッかすいそ at 23:12| Comment(0) | 【大会情報】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: